話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » 最強のたるみ治療「ウルセラ」体験者の口コミ評判 » ブルドックラインが消えました♪

ブルドックラインが消えました♪

ほうれい線やたるんだフェイスラインなど、加齢を余計に目立たせる口元のたるみ。そんな悩みを、ウルセラで解消した方からの口コミを掲載中です。

ほうれい線&たるんだフェイスラインもウルセラでサヨナラ!

女性イメージ加齢とともに起こる肌の症状で代表的なものといえば、しわとたるみ。私の場合は、特に口周りのたるみが見た目にも目立っており、とても悩んでいました。ブルドックラインが目立ってきたうえ、はっきりとしたほうれい線までできてしまって、もはやお高い化粧品でも改善できない状態に。

そこで、友人に勧められる形で出会ったのがウルセラです。タレ気味だったフェイスラインをキュっとリフトアップすることで、ほうれい線とブルドックラインを一緒に解消できると聞いたので、さっそくクリニックを探してみることにしました。

クリニック選びの時にびっくりしたのが、クリニックごとに料金がまるで違うことです。私は美容はお金がかかって当然だと思っていたので、何となく平均より少し上くらいの料金を提示しているクリニックで施術を受けることにしました。

カウンセリングの時に料金について質問してみると、大抵が出力の違いによるものだそうです。出力を下げると麻酔無しで行えるため、その分安くなるのだとか。代わりに効果が半減するらしいので、私が申し込んだクリニックの先生は麻酔を使って出力を上げる方を推奨しているそうです。麻酔を使うからこの価格になってしまうんですよと言われて納得。それではとお願いしてみることになったのです。

施術は麻酔のおかげで全く痛くありませんでしたし、たった1回でかなりの効果を感じられました。出力が高い分、より丁寧にしてくれたようで、トラブルなく施術が終わりました。

今では10年くらい前と同じようなフェイスラインになって、ほうれい線やブルドックラインは改善!口周りのたるみで悩んでいたころの写真と比べると、なんとなく小顔にもなった気がします。1年に1回行えばたるみ改善には十分らしいのですが、引き締めのピークが大体2ヶ月らしいので、せっかくの小顔を維持するためにもまた時期を見て施術をお願いしたいと思います。(54歳女性)

友人から気づかれるほどの変化がありました

女性イメージ部屋の掃除をしているときに見つけた、7年前の自分の写真がきっかけでした。そこに写っていた自分を見てからというもの、加齢とともに深くなったほうれい線や額のシワ、頬のたるみが鏡に映るたびに気になるように。このままじゃいけないと思い、たるみ治療を受けることを決めました。

私は以前、興味本位でサーマクールを受けたことがあります。しかし今回は、ほうれい線や額のシワの改善を中心に、目元や頬のリフトアップもついでにできればいいなと思い、ウルセラに挑戦しました。

どこのクリニックで治療を受けるかとても迷いましたが、ウルセラ治療へのカウンセリングが流れ作業ではなく、医師が親身になって私のことを考えてくださりそうなクリニックを選びました。

実際にカウンセリングを受けに行った際、そこの先生にいろいろな不安点を聞いたり要望を伝えたりしましたが、1つ1つの質問にいやな顔をせず答えてくださったので、その場でウルセラ治療の予約をしました。

当日は少し緊張していましたが、クリニック内は患者のプライバシーに配慮されているため、リラックスすることができました。

施術中の痛みに関してですが、先生が麻酔を勧めてくださったこともあり、全く痛くありませんでした。施術では、私が気にしていたほうれい線や額のシワ、目元を重点的にやってくださって嬉しかったです。

施術後、アフターケアの方法を教えて頂いたり、気になったことがあればいつでも連絡くださいと心配してくださったおかげで、不安感がほとんど消えました。

帰宅した頃、頬に少し赤みがあってピリピリしましたが、事前に説明があったので特に不満はありませんでしたし、気になっていた赤みは3日ほどで消えました。

私がウルセラのリフトアップ効果を体感したのは2週間後でした。以前よりも目元がキュッと持ち上がり、ほうれい線や額のシワだけでなくマリオネット線も薄くなっていたので、内心ガッツポーズしたことを覚えています。

2か月後には友人から、「あれ、何か美容治療でもした?」と聞かれ、自分でも効果のほどにはびっくりしました。しわやたるみが気になってきたときは、またウルセラ治療を受けに行きたいです。(42歳女性)

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ