話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » 初心者のためのウルセラ基礎講座 » 痛みとダウンタイム・失敗の有無

痛みとダウンタイム・失敗の有無

ここでは、ウルセラ治療での痛みやダウンタイム、失敗しないドクター選びなどについて説明していきます。

ウルセラの効果には、個人差があります。稀に「効果を実感できなかった」と言う人もいるでしょう。まずはその失敗談を紹介します。

ウルセラ治療の失敗談

友達がウルセラを受けてすごく効果があったのを見て、私も受けてみようと決心しました!

担当医には、ウルセラ施術から3ヶ月後に1番効果が表れるだろうと言われましたが、残念ながら3ヶ月たった今、変化は若干のみ。友人ほど効果はありませんでした。

施術後は、しばらく筋肉痛みたいなのがあったけど、それはさほど気にならなかったです。それよりも、施術後、頬にできた赤みが気になりました。

全体を通しての感想は、プラマイゼロ!私が受けたクリニックが悪かったのか、友人ほど効果がなかったのは本当に残念でした。今度は友人が受けたクリニックでやろうか迷っています。
(37歳女性)

上記のように、未熟なドクターが神経に照射してしまうと、皮膚が赤くなるなどのトラブルが生じる可能性があります。ですので、なるべく経験値の高いドクターを選びたいものです。良いドクターを選ぶポイントは、経験値の高さだけではありません。他のポイントも紹介しておきましょう。

良いドクター選びのポイント

専門性の高いドクターが良い

ウルセラ治療の専門医が良い理由は、万全の痛み対策を行っているからです。

万全の痛み対策を行えば、最大の出力で安全な施術ができるため、最高の結果を得ることができます。

ウルセラは顔面の美容手術と同じような治療です。デリケートな顔への治療だからこそ、専門性の高さはドクター選びで外せないポイントになってくるのです。

専門性の高さを判断したいときは、HPに記載されているドクター資格をご覧ください。そこに、日本美容外科学会正会員と記載があれば、美容外科および形成外科の臨床に6年以上の経験がある証となります。また、ウルセラ治療と似たたるみ治療であるサーマクール認定医の資格を持っているかどうかも専門性の高さを判断する基準となるでしょう。

ウェブサイトに名前が公表されているドクターが良い

ウェブサイトに名前が公表されているドクターは、常勤ドクターがほとんどです。

常勤ドクターは経験豊富でマニュアルに囚われず、その人その人にあった柔軟な施術をしてくれます。その結果、ウルセラ治療で満足のいく結果が出るのです。

一方、ドクターの名前が公表されていない場合、非常勤アルバイトの可能性があり、経験値がまだまだ未熟なケースも考えられます。経験値が少なくても良いドクターはいると思いますが、できるなら経験豊富なドクターに施術してもらえる方が安心して施術を受けられますね。

カウンセリングと施術医は同じドクターが良い

稀に、カウンセリングと施術医が異なるクリニックがありますが、これはあまりおススメできません。

同じドクターであれば、カウンセリング時に話し合ったイメージと実際の仕上がりにブレが出にくく、医師同士の伝達ミスなどによるトラブルの心配もないでしょう。

上記のようなポイントを見比べて、安心して任せられる信頼できるドクターを探してください。

ウルセラ治療は本当に痛いのか?

ウルセラは、痛みを感じることがあります。痛みの種類は、以下の2種類です。

深さによる痛み

深さとは、皮膚層の深さ

ウルセラ治療で使う器具(ハンドピース)によって、超音波の届く深さが変わり、痛みも違ってきます。

超音波の深さは、3㎜と4.5㎜があり、痛みは4.5㎜の場合、針でチクチク刺されている感じ。3㎜の場合、痛みより熱さを感じると言われています。

部位による痛み

超音波を当てる部位によっても、痛みが変わります。

今紹介した内容は、超音波をフルパワーで照射した場合です。パワーを下げれば、痛みは感じなくなります。ただ、パワーを下げると、リフトアップ効果も弱くなります

痛みを感じず最大限効果を出したいなら、麻酔を使うと良いでしょう。

一番多く使われているものは、局部麻酔や麻酔クリームです。麻酔と聞くと怖いイメージを持つ方が多いですが、終始意識はしっかりとあり、痛みを感じない状態になります。

ほとんどのクリニックが、痛み対策として麻酔を用意していますので、心配な場合は事前にドクターとよく相談しましょう。

ウルセラ治療後にダウンタイムはあるのか?

ウルセラには、ダウンタイムはほとんどありません。施術後は、洗顔やメイクをして帰ることができます。肌が弱い方や敏感肌の方は、稀に赤みやむくみが出ることがありますが、ほとんどの場合、施術後30分・遅くとも1週間で自然消滅するはずです。

万が一赤みが出たときは、イエローベースの化粧下地を使えば赤みを隠せるでしょう。

ウルセラは、施術後1ヵ月かけてコラーゲンが生成され肌が引き締まりますので、パーティーやイベントに合わせて施術する場合は、1ヵ月前に受けることをおススメします。

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ