話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » 初心者のためのウルセラ基礎講座 » 効果をより高める方法

効果をより高める方法

ここでは、最新のたるみ治療ウルセラの効果をさらに高める方法について紹介しています。

年1、2回繰り返すとより高い効果を実感

ウルセラは、1回の治療で数か月にかけてたるみを徐々に改善していく治療法で、効果は半年から1年と言われています。年に1、2回ほど繰り返して治療を行うとより高い効果を実感できるという方が多いようです。

ウルセラは出力パワーを調整することも可能ですが、効果を得るためにフルパワーで施術を行うことが理想。その場合、痛みが心配な場合は点滴麻酔をお願いすると良いでしょう。

ウルセラ社が推奨している照射数は顔全体で250~260。顔全体・あご下・首で340~350だそうです。

事前にこうした知識を身に付けておけば、治療内容がおかしいと思った時にもすぐに対応することができますね。

サーマクールとの併用で最大限のリフトアップ効果が

ウルセラは肌の深い層へのアプローチには効果がありますが、浅い層や広範囲へのアプローチには限界があります。

そこで、サーマクールを併用することにより、ウルセラではカバーしきれない皮膚にも効果を行き届かせることができるので、最大限のリフトアップ効果が期待できます。

この2つを同日に照射する場合は、皮膚全体の引き締め効果ととものに深部の引き上げ効果も期待できます。通常はそれぞれ別の日に照射をするのが望ましいそうですが、仕事が休めない、費用面をクリアしている人にとっては同日照射がもっとも効率的と言えそうです。

コラーゲン、ボトックス注射との組み合わせも可能

たるみ治療といえば、コラーゲン、ボトックス注射なども根強い人気ですが、これらもウルセラ治療と組み合わせて治療を行うことが可能で、より高い効果が現れるそうです。

もっとも効果的なのが、フェイスリフト手術後にウルセラ治療を行う方法です。その理由として、フェイスリフト手術は耳の前を切開し、口元やあごから離れた位置で筋膜を引き上げるので、口元のたるみ改善には限界があるからです。

フェイスリフトは明らかな改善が得られますが、ウルセラを併用することにより、さらなる若返り効果が期待できるため、ひとつの選択肢として考えてみるのも良いかもしれませんね。

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ