話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » 初心者のためのウルセラ基礎講座 » 失敗したらどうなる?

失敗したらどうなる?

ウルセラに失敗した人の口コミや、ウルセラで失敗しない方法を詳しくまとめています。

ウルセラ治療に失敗した人の口コミ

ウルセラ治療のたるみ改善効果が高いといっても、効果のほどは人それぞれです。今回はウルセラ治療で失敗経験のある方の口コミを集めてみました。

失敗談その1

女性イメージ以前、私の友人が少し小顔になっていたため、何かしたのか尋ねたところ、実はウルセラ治療を受けたことを教えてくれました。

ウルセラの治療費は自分には値が張ると感じたのですが、どうしてもたるみが気になっていたので、受けることを決心しました。

カウンセリングで説明をうけた通り、治療後は確かにフェイスラインが少しすっきりし、リフトアップ効果が感じられたので、小顔になった気分でした。

しかしリフトアップ効果は友人のようには長く続かず、体感でも1か月ほどしか持たなかったため、とても残念な気持ちになりました。(47歳女性)

失敗談その2

女性イメージ加齢によってできたたるみやシワをどうにかしたいと、以前から思っていました。

ネットで調べていたところ、リフトアップ効果の高いと言われているウルセラのたるみ治療がとても気になりました。さまざまな口コミがあるため、自分にはどれぐらい効くのかよくわかりませんでしたが、ものは試しだと思って受けてみました。

実際にウルセラ治療が終わった直後から肌にハリが出ていたため、たるみ改善効果を体感できました。

3週間後には、頬のたるみだけでなく、ほうれい線や目のシワも薄くなっていることに気づいて嬉しかったです。

ところが、ウルセラ治療が終わってから1か月ほどたった後もずっと頬がジンジンと腫れ続け、痛みがかなり続きました。ダウンタイムは短いと聞いていただけに、腫れが長引いたのは裏切られた感じがしてショックでした。(53歳女性)

失敗談その3

女性イメージ10代のころから老けて見られるのがイヤで、20歳でウルセラをしてみたところ、

最初の数日は肌にハリが出て喜んでいたのですが、1ヶ月もたたないうちにそのハリが消え、むしろ頬がたるんできたような状態になってしまいました。

ウルセラは高額だったので、こんな結果になってとてもショックです。

それまでは、老けて見られるといっても、プラス5歳ぐらいだったのですが、今ではもっと上の年齢に見られるぐらい老けて見えるようになった気がします。

こういう失敗がまたあるかもと思うと怖いので今は施術を受けられず、リフトアップシールを使っているのですが、それにも不自由さを感じています。(20代女性)

失敗談その4

女性イメージ今のところまったく効果を感じられず、むしろ、顔がパンパンに膨らむように晴れてしまったのが気になって仕方ありません。

しかもこの腫れは、ウルセラをした直後じゃなくて、2日目から腫れてきたんです。ここからあとで引き締まってくるなんて、信用ができず、高いお金を払ったことに後悔しています。(50代女性)

ウルセラ治療で失敗しないための3つのポイント

上にある体験談のように効果が持続しなかったり、ダウンタイムが長引いてしまうなど、ウルセラ治療を受けてがっかりしないために、クリニックを選ぶ際に気を付けたい3つのポイントをまとめました。

モニター写真を提示しているかどうか

モニター症例の写真を出しているかどうかも、医師の技術を判断する材料です。モニター症例を提示するのは、自院のウルセラ治療への自信がなければなかなかできないことです。

ウルセラ治療のモニター症例紹介が少なく、外科手術を用いたリフトアップについての症例紹介に終始しているクリニックもあります。この場合、外科手術の技術は高くとも、外科手術とは全く別物のウルセラ治療についての技術は不明瞭と考えられるので、避けるべきでしょう。

これら3つのことを意識してクリニック選ぶようにすると、ウルセラ治療で大きな効果が期待できます。クリニック選びは慎重に行いましょう。

できれば相性面もチェック

クリニック選びのヒントとして、4つのポイントを挙げましたが、それぞれのポイントをクリアしているクリニックでも、あなたに適したクリニックと決めつけるのは尚早です。

ウルセラ治療では、女性の「顔」という大切な部分の治療をクリニックに任せるのです。そのため、「医師やスタッフとの相性」という点も、非常に重要なります

できることなら事前にメールや電話で問い合わせてみて、さらに顔を突き合わせたカウンセリングでも、「この医師やスタッフにまかせよう、という信頼感が持てるかどうか」という点をよく考えてみましょう。

カウンセリングの時点で相性の悪さを感じた場合は、たとえそれが有料カウンセリングであっても、通院をやめるべきです。相性が悪く、意思疎通がおろそかになれば、お互いに食い違いが生まれ、結果に不満が残ってしまう可能性もあります。そのリスクとカウンセリング代を天秤にかければ、やはりリスクの方が重いと言わざるを得ません。

ウルセラ治療自体は、リフトアップの手段の中では安全性が非常に高い部類に入るもので、その機器の安全性については、アメリカFDA(食品医薬品局)が承認を出しているほどです。その機器の性能を存分に生かせる見立てと腕を持つ医師が在籍し、しかも相性がいいと思えるクリニックを見つけだすことができれば、あなたのウルセラ治療の成功・満足の可能性はグッと高まることでしょう。

>>ウルセラの安全性についてはこちらでも解説しています。

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ