話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » 初心者のためのウルセラ基礎講座 » 気になる安全性は?

気になる安全性は?

ウルセラ安全性

ここでは、ウルセラ治療の痛みや副作用など、気になる安全性についてまとめています。

ウルセラ治療の痛みや副作用

ウルセラが従来のたるみ治療と比べて飛躍的に進歩していることは間違いありませんが、痛みや副作用などがないのか、とても気になりますよね。

でも、ウルセラは痛みや副作用などはほとんどありません。照射中には、おでこなどの部位によっては熱感がありますが、麻酔なしで行うこともできる程度です。痛みに弱い方は部分麻酔をすることもできるので、医師に相談すると良いでしょう。

照射後は、赤みが少し生じますが皮膚の凹凸やケロイド等の報告もなく、皮膚への影響はほとんどありません。また、神経周辺を刺激するとピリピリとしたしびれや違和感を覚えることもありますが、永続的な神経障害などの報告もなく、安全性の高い治療法と言えます。

解剖学的知識があるドクターを選ぼう

このように副作用や後遺症などの心配もほぼありませんが、稀に照射する場所を謝ると皮膚が段状になってしまうこともあるそうです。1カ月程度で自然治癒するそうですが、せっかく施術を受けたのに残念すぎますよね。

こうしたリスクを避けるためには、経験を積んだ医師がいるクリニックを選び、施術を受けることが大切です。また、ほかの施術に比べて、レーザーをピンポイント照射するため、エコー画像をしっかり確認しながらSMAS筋膜にアプローチする必要もあります。

神経を避けて照射しなければならないため、医師が解剖学的構造をしっかりと理解していることも大前提です。美容外科やクリニックでは医師としての現場を経験がなく開業している場合もあるので、医師の経歴をしっかり確認し、内科、外科、形成外科などの実務経験があるかなどをチェックしておきましょう。

豊富な症例数を誇るクリニックがおすすめ

ウルセラが日本に導入されるようになったのは、約2年前。日本でも導入しているクリニックがまだ少ないため、経験豊富な医師を探そうとしてもなかなか見つからないのが現状です。そのため、できるだけ、早い時期に導入したクリニックを選ぶと安心です。

ちなみに、ウルセラの症例数は多いクリニックでも通算100件程度ですが、なかには200件を超すクリニックもあるなど、かなり差があるようです。リフトアップ効果を最大限に実感するためには、医師の腕がものをいいます。技術を磨き、経験を積んだ技術力が高いドクターがいるクリニックを選ぶことをお勧めします。

静脈麻酔の安全性について

全身麻酔に対して、吸入麻酔薬(きゅうにゅうますいやく)や静脈麻酔(じょうみゃくますい)と言った、メインとして、脳に対して作用する麻酔を使用することで、手術の最中には意識のない、深い睡眠状態に陥ることになります。その方法で手術がスムーズになるのと同時に、安全性についてもしっかり語る必要があります。

静脈麻酔とは

静脈麻酔では、吸入という方法ではなく、 「鎮静」,「鎮痛」,「筋弛緩」を、 経静脈投与薬剤でコントロールしていく麻酔の方法です。鎮静薬としては蓄積性が少ない短時間作用性のあるプロポフォールを使用し、鎮痛薬として超短時間作用性麻薬のあるレミフェンタニルを使用します。

静脈麻酔の安全性

調節性に優れた静脈麻酔薬は、 血中の濃度を予測出来る薬物動態シミュレーションソフト、投与速度を自動調節出来るシステムtarget controlled infusion(TCI)用のシリンジポンプが普及したことで、静脈麻酔の方法が普及することになります。このような流れから、 吸入麻酔と同様にして安全な麻酔深度の維持と適格な覚醒が実現するようになりました。

更に静脈麻酔のメリットは、手術している最中の吸入麻酔薬の方法を採用してしまうがために起きてしまう汚染、大気汚染のリスクを回避することができることです。

静脈麻酔の問題点

一方でで、静脈麻酔に多少考えていかなければならない問題点もあります。静脈麻酔は、シリンジポンプが必要であり、bispectral index(BIS)と言った脳波解析による麻酔深度のモニタリングが必要になって来ます。手術している最中に覚醒してしまう術例がない訳ではありません。

更に、現在,鎮静薬として蓄積性が少ない短時間作用性のプロポフォールを使用していますが、 プロポフォール使用は、propofol infusion syndromeという合併症のリスクも背負ってしまうことになります。

特に、そのような症状が子供さんに起こる可能性があり、静脈麻酔という方法が非常に有効的方法であるものであるとしても、子供さんの鎮静に対して、プロポフォールは原則禁忌としています。いかがでしょうか。静脈麻酔か吸入麻酔、どちらがいいかといえば、それぞれにメリットデメリットはあり、それぞれ専門家の考え方があります。

ただし、吸入麻酔と比較して、質の高い麻酔の提供を受けたいと思えば、一般的には静脈麻酔を選択するケースが多いようです。ただし、静脈麻酔の方法は、 手間と時間、モニター、薬品ロスがあり、それが質の向上に見合わないと判断された場合には吸入麻酔のほうが選択されることがあります。

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ