話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » どうにかしたい人向けの、たるみの原因と解消法 » 目の下のたるみ解消法

目の下のたるみ解消法

目の下のたるみを解消するエクササイズを紹介します。自宅でも簡単にできるものですので、ぜひ試してみてください。

目のまわりをスッキリさせるエクササイズとは?

まず、エクササイズを紹介する前提として、次の2つを知っておいてください。

なぜ、このふたつが重要なのでしょうか。

まず、ひとつめの“保湿”について説明しましょう。目がたるむ大きな原因の一つは、実は乾燥によるものです。乾燥するということは、肌の水分が不足するということなので、保湿をすることで肌の弾力・ハリが生まれ、たるみだけでなく、シワも防げます。ですから、エクササイズをしてもしなくても、目の周りの保湿を心掛けることは大切なことです。

もうひとつ、同じものを長時間見てはいけないのは、目を動かさないために、目の周辺の筋肉が衰えるからです。スマホやパソコンを長時間使用するときは、小まめに遠くを見るなどして、休憩を挟みましょう

まずは、日常生活で最低限気を付けるべきことを実行してくださいね。

それでは、エクササイズを始めましょう。

目の下に限らず、たるみには、その部位における筋肉の衰えも大きく影響しています。筋肉が衰えることで、その周辺の脂肪や皮膚を支えられなくなり、たるんでしまうのです。目の周りの筋肉を、眼輪筋と言います。この眼輪筋を鍛えれば、目元のたるみはかなり解消されます。

目の下のたるみを解消するエクササイズ(その1)

  1. 思いっきり目を開ける
  2. 思いっきり目を閉じる

以上を1回5セット、1日3回行います。とても簡単ですね。

目の下のたるみを解消するエクササイズ(その2)

  1. 目を閉じる
  2. 人差し指を上瞼に、中指を下瞼にあてる(両目)
  3. そのまま、思いっきり目を開けるよう瞼に力を入れる
  4. それに対し、目が明かないよう指で抵抗する

以上を1回5セット、1日3回行います。

目の下のたるみを解消するエクササイズ(その3)

  1. 目の下のたるみに指をあてる
  2. そのまま下に軽く引っ張る
  3. それに対して下瞼で上に向けて抵抗する

以上を1回5セット、1日3回行います。

どれも手軽に行えますが、気をつけてほしいことがひとつ。

目の周りはデリケートな部分ですので、あまり力を入れすぎないように適度に行いましょう。

マッサージ法

目の下がたるむ理由には、血液やリンパの流れが悪くなることによる「むくみ」が挙げられます。これをマッサージで解消することにより、たるみ改善効果が期待できるようになるというワケです。

  1. 人差し指と中指で、耳を軽く挟む。
  2. 人差し指で耳の後ろの骨の部分にある耳介後リンパ節、中指で耳たぶの下にある耳下腺リンパ節をマッサージ。指を上から下へ滑らせるようにし、老廃物を首の方へ流すようなイメージで。
  3. 首すじに手のひら全体を当て、なでるようにして鎖骨へ向かってリンパを流す。
  4. 鎖骨の間のくぼみを、指で軽くマッサージする。

グッズを使った方法

目元のたるみを改善するグッズをご紹介します。

アイストレッチ

目の周りの眼輪筋をトレーニングするグッズ。シリコン製のアイストレッチを目の周りのくぼみに当て、器具についている羽根をつまみ、強く目を閉じるだけでOK。1回30秒ほどこの状態をキープするだけで、筋肉がしっかりと鍛えられます。

目元エステ

スチームと温感ヒーターを搭載したエステマシン。目元に当てるだけで、スチームと一緒に強弱のリズムをつけたマッサージを受けられるのが特徴。目元周りの血流が改善され、目元のたるみ改善・防止効果が期待できます。

デリケートな目元はプロの施術を検討するのも◎

目元は、人の印象に影響を与える重要なパーツ。目の下のたるみは人に疲れた印象を与えるだけでなく、年齢よりも老けて見えるようになるのが悩みのタネです。

そんな目元のハリを保つには、毎日のケアが大切となりますが、目元の皮膚や組織は繊細なため、やりすぎは禁物。間違った力や方法で続けると、症状が悪化することもあるのです。

もし、セルフケアに自信がない…という場合は、たるみ治療に強い美容皮膚科・美容外科で施術を受けるという方法もあります。カウンセリングだけでも受けられるので、気になる方は一度相談してみると良いでしょう。

エクササイズを日常生活の一部に

目の下のたるみは、ほうれい線、首のたるみと並んで、年齢を感じさせる代表格です。

化粧で解消できるものでもないので、気になる人は、何らかの形で根本的に消すしか方法はありません。

その原因は、ほうれい線や首のたるみと同じように、やはり表情筋の衰え。笑ったり、しゃべったり、表情豊かな生活をしていれば、それだけでも少しは筋肉が鍛えられます。

人前に出る仕事の人(教師、芸能人など)を見れば一目瞭然。これらの人は、他の職業の人と比べると若い感じがしませんか?職業柄、日ごろから表情豊かに振る舞っているからです。必然的に表情筋が鍛えられて、目の下、ほうれい線、首の筋肉が鍛えられているのです。

筋肉は、年齢に逆らって復活させることができます。目の下のたるみを解消する方法は他にもたくさんありますが、まずは自宅でできるエクササイズを日常生活の一部にしてみましょう。

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ