話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » どうにかしたい人向けの、たるみの原因と解消法 » ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因

なぜほうれい線ができるのか、その理由と仕組みについて詳しく解説しています。

ほうれい線はなぜできる?その原因を解説

ほうれい線(法令線)とは、小鼻の両側から口元へ向かって伸びる2本のシワ。年齢とともにシワが深くなり、目立ちやすくなるのが特徴です。

では、ほうれい線はなぜできるのでしょうか?それは、顔のたるみが原因です。

年齢を重ねるとともに、頬の筋肉を支える側頭筋(そくとうきん)の力がダウン。頬を支えきれなくなって筋肉や皮膚がたるみ、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。また、口まわりの筋肉の柔軟性が失われることも、ほうれい線ができやすくなる理由の1つです。

ほうれい線の主な原因は加齢によるものですが、その他にもさまざまな理由が考えられます。メイクや洗顔による外部刺激・紫外線のダメージ・肌の乾燥・姿勢・過度なダイエットなど、肌を衰えさせるさまざま原因が複雑に絡み合うと、ほうれい線ができやすくなると言われています。

年齢が進むとともに原因が複雑化し、症状も改善しにくくなるため、日頃からの予防を大切にしましょう。

これはNG!ほうれい線ができやすくなる生活習慣

ほうれい線ができる原因は、加齢による筋力の低下だけではありません。以下のような生活を続けていると、ほうれい線ができやすくなるので要注意です。

保湿を疎かにしている

皮膚の乾燥が直接たるみを引き起こすことはありませんが、放置するのはNG。最初は表皮だけだったダメージが、徐々に深い層(真皮)にまで影響を及ぼすようになると、皮膚のたるみにつながることがあるからです。乾燥から皮膚を守るためには、季節を問わずしっかりと保湿ケアをすることが重要です。

紫外線対策を十分にしていない

紫外線は肌の大敵。とくに問題なのは、紫外線中でも波長の長いA波(UV-A)。A波は皮膚の真皮にまで影響を及ぼし、肌の弾力を保つコラーゲン繊維・エラスチン繊維を破壊。その結果、肌の光老化が進行し、頬のたるみやほうれい線が目立つようになってしまうのです。

姿勢が悪い

意外かもしれませんが、姿勢が悪いとほうれい線ができやすくなります。背筋が曲がって、前方に首を突き出すような恰好をしていると、皮膚が下方へ引っ張られる状態が続くことになり、頬がたるみやすくなるのです。また、頬づえも骨格や筋肉の歪みにつながるため、クセになっている場合は改善した方が◎。

無理なダイエットをしている

無理なダイエットで急激に体重が減ると、体重だけでなく皮膚のたんぱく質も低下。すると、表情筋の筋力がダウンしたり、栄養不足によってコラーゲン・エラスチンの量が減少するなどで、ほうれい線ができやすくなるのです。また、代謝が下がって肌のターンオーバーが乱れやすくなるのも要因の1つです。

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ