話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » どうにかしたい人向けの、たるみの原因と解消法 » ほうれい線ができる原因

ほうれい線ができる原因

なぜほうれい線ができるのか、その理由と仕組みについて詳しく解説しています。

ほうれい線はなぜできる?その原因を解説

ほうれい線

ほうれい線(法令線)とは、小鼻の両側から口元へ向かって伸びる2本のシワ。年齢とともにシワが深くなり、目立ちやすくなるのが特徴です。

では、ほうれい線はなぜできるのでしょうか?それは、顔のたるみが原因です。

年齢を重ねるとともに、頬の筋肉を支える側頭筋(そくとうきん)の力がダウン。頬を支えきれなくなって筋肉や皮膚がたるみ、ほうれい線ができやすくなってしまうのです。また、口まわりの筋肉の柔軟性が失われることも、ほうれい線ができやすくなる理由の1つです。

ほうれい線の主な原因は加齢によるものですが、その他にもさまざまな理由が考えられます。メイクや洗顔による外部刺激・紫外線のダメージ・肌の乾燥・姿勢・過度なダイエットなど、肌を衰えさせるさまざま原因が複雑に絡み合うと、ほうれい線ができやすくなると言われています。

年齢が進むとともに原因が複雑化し、症状も改善しにくくなるため、日頃からの予防を大切にしましょう。

これはNG!ほうれい線ができやすくなる生活習慣

ほうれい線ができる原因は、加齢による筋力の低下だけではありません。以下のような生活を続けていると、ほうれい線ができやすくなるので要注意です。

保湿を疎かにしている

皮膚の乾燥が直接たるみを引き起こすことはありませんが、放置するのはNG。最初は表皮だけだったダメージが、徐々に深い層(真皮)にまで影響を及ぼすようになると、皮膚のたるみにつながることがあるからです。乾燥から皮膚を守るためには、季節を問わずしっかりと保湿ケアをすることが重要です。

基本的に、一度ダメージを受けてしまった真皮はターンオーバーと呼ばれる肌の自浄作用に期待する以外、回復する術を持ちません。また、真皮のターンオーバー現象は年と共に劣化していく傾向にあります。[注1]

保湿はあくまで「肌の状態を保つ」「肌をダメージから守る」ことが目的であって「肌の状態を回復する」効果があるわけではありません。ほうれい線ができてからそれを改善するのはかなり大変。まだほうれい線が無い方も油断せず、手遅れになる前に保湿対策を始めましょう。

[注1]順天堂医学会:赤ちゃんのようなシワのない肌を保つことができるか

紫外線対策を十分にしていない

紫外線は肌の大敵。とくに問題なのは、紫外線中でも波長の長いA波(UV-A)。A波は皮膚の真皮にまで影響を及ぼし、肌の弾力を保つコラーゲン繊維・エラスチン繊維を破壊。その結果、肌の光老化が進行し、頬のたるみやほうれい線が目立つようになってしまうのです

光老化はほうれい線の形成以外にも小じわやシミの形成などにも繋がります。エイジングケアの一番の敵とも呼べるこの現象、是非とも対応策をうっておきたいところですよね。

一番有効な対策は、やはり日焼け止め。出かけるときだけではなく、屋内にいるときでも使うようにしましょう。窓から入り込む紫外線もバッチリ遮断してくれます。ただし、日焼け止めだけでは限界があるので、より紫外線の強い外に出かけていくときには、日傘をさしたり、つばの広い帽子などをかぶるといった対策も大切。

また、食事でも対策は可能です。紫外線を浴びることによって発生する活性酵素を中和してくれる「抗酸化作用」をもつ食品を意識して摂取しましょう。ビタミンCやリコピンなどは、抗酸化作用が高いと言われています。

姿勢が悪い

意外かもしれませんが、姿勢が悪いとほうれい線ができやすくなります。背筋が曲がって、前方に首を突き出すような恰好をしていると、皮膚が下方へ引っ張られる状態が続くことになり、頬がたるみやすくなるのです。また、頬づえも骨格や筋肉の歪みにつながるため、クセになっている場合は改善した方が◎。

猫背を意識的に変えたい方は、座る際にお尻の骨の上に体重を乗せるよう心掛けてみてはいかがでしょうか。きっと、自然と正しい姿勢をキープできるようになるはず。

また、歩くときは、みぞおちから足が映えているイメージを意識して歩いてみてください。これを心がけると筋肉をバランスよく使って歩けるようになるので、自然と猫背が解消されていきます。

エクササイズや簡単なストレッチをするのもよいでしょう。背中を伸ばすストレッチをお風呂上りに習慣づけるだけでも、背中の筋肉が伸びて正しい姿勢をキープできるようになります。

無理なダイエットをしている

無理なダイエットで急激に体重が減ると、体重だけでなく皮膚のたんぱく質も低下。すると、表情筋の筋力がダウンしたり、栄養不足によってコラーゲン・エラスチンの量が減少するなどで、ほうれい線ができやすくなるのです。また、代謝が下がって肌のターンオーバーが乱れやすくなるのも要因の1つです。

カロリーを減らすダイエットは美容の天敵。食べる量ではなく、バランスに着目して食事制限を行いましょう。基本的に、肉や魚などを始めとするたんぱく質は摂取量を減らさない方が無難です。

むしろ、ダイエットの際はたんぱく質の量を増やしてお菓子やご飯、パンに多く含まれる糖類の摂取を減らすよう心がけましょう。また、上述したリコピンやビタミンCが多く含まれているトマトなどの野菜を積極的に摂取すれば、なお理想的です。

そのような食事制限がどうしても苦痛であれば、食事は変えずに運動量を増やして対処するのが健康的で良いでしょう。ふとももの筋肉を鍛えるスクワットや、脂肪を減らすためのジョギング・ランニング・ウォーキングなどがおすすめです。特にスクワットは、新陳代謝を上げる効果が見込めるので、美肌もサポートしてくれるでしょう。

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ