話題の最新治療ウルセラで、劇的リフトアップ!

最強のたるみ治療!ウルセラパーフェクトガイド
ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京
ウルセラパーフェクトガイド » どうにかしたい人向けの、たるみの原因と解消法 » ほうれい線解消エクササイズ

ほうれい線解消エクササイズ

ほうれい線を解消・予防するのに効果的なエクササイズや、マッサージ法を紹介しています。

気になるほうれい線を解消!効果的なエクササイズ

ほうれい線ができる原因は、顔の筋力の低下にあります。そのため、顔の筋力をエクササイズでトレーニングすれば、ほうれい線の改善・予防が可能!早めの対策が重要なので、たるみが気になり出したらすぐに始めてみてください。

深層筋にアプローチするエクササイズ

顔の筋肉には、表情筋と深層筋があり、とくに重要なのはインナーマッスル。つまり、表情筋を支える深層筋です。顔の深層筋には、側頭筋と咬筋(こうきん)の2種類があるため、ここをしっかりと鍛えていきましょう。

側頭筋のエクササイズ

  1. 耳の上・こめかみ部分にある側頭筋を意識し、軽く奥歯をかみしめる。
  2. 奥歯をかみしめた状態で、6秒ほどキープ。
  3. かみしめた時間と同じ時間をかけて、奥歯を元の状態に戻す。
  4. 1~3を繰り返して行う。奥歯は思いきりかみしめないこと。

咬筋をほぐすエクササイズ

フェイスラインに両手の指を当て、奥歯を噛んだときに膨らむ部分が咬筋。咬筋は、鍛えるというよりコリをほぐした方が効果的です。

  1. 咬筋の部分に手のひらを当て、5秒くらいかけてゆっくりと円を描くように揉みほぐす。
  2. 揉みほぐす場所を少しずつ変え、3回くらい行う。

ベロ回しエクササイズ

  1. 口を閉じた状態で、歯と唇の裏の間をベロでグルっと回す。
  2. 左回りに20回、右回りに20回を1セットとし、1日3セットを目安に行う。

あいうえお体操

  1. 口を「あ」の形にして、大きく口を開ける。
  2. 口を「い」の形にして、頬を持ち上げるように口を広げる。
  3. 口を「う」の形にして、口を前へとがらせる。
  4. 口を「え」の形にしてベロを出し、上方へ向ける。
  5. 口を「お」の形にして、上唇を下の方へ伸ばす。

ペットボトルエクササイズ

  1. 2リットルサイズの、空のペットボトルを準備する。
  2. 息をすべて吐き出す。
  3. 息をすべて吐き出した状態でペットボトルを口にくわえ、空気を思いきり吸い込む。
  4. ペットボトルをくわえたまま、息を吐き出す。

マッサージ法

顔の筋肉がこっていると、たるみやほうれい線ができやすくなります。筋肉の疲れをマッサージでほぐし、健康な状態をキープしましょう。ただし、皮膚の表面をマッサージしすぎると逆効果になる恐れがあるため、ご注意を。

側頭筋のマッサージ

こめかみ部分にある側頭筋に手のひらを押し当て、円を描くようにゆっくりとマッサージ。同じ部分だけでなく、少しずつ場所を変えるのがコツ。

咬筋のマッサージ

フェイスラインに手を当て、奥歯をグッと噛んだときに膨らむ部分が咬筋。この部分に両手の指を当て、こちらも円を描くように揉みほぐしましょう。

グッズを使った方法

市販されているグッズを使用した、ほうれい線改善・予防法をご紹介します。

おやすみほうれいストレッチャー

伸縮性のある左右2本のベルトで顔を引っ張り上げ、ほうれい線を目立たなくするよう働きかけるアイテムです。ベルトは、保湿効果の高いヒアルロン酸配合で肌にもマイルド。温熱作用のある遠赤外線ドットで、眠っている間のたるみ解消効果も期待できます。

パタカラプレミアム

歯学博士によって開発された、エイジングケアアイテム。特殊な器具を口にくわえ、ヒモを引っ張ることで口の中から表情筋をトレーニングしていきます。1回3分のエクササイズを、1日4回ほどが目安。顔全体のたるみ防止にも効果があるとのこと。

ほうれい線をどうにかしたいなら、「顔の筋肉」を見直そう

顔の筋肉、つまり表情筋の衰えがほうれい線の原因。早めに気づいて対応できれば、ほうれい線を改善・予防することもできますが、「試してみたけど続かなかった」「効果が見られなかった」という場合は、たるみ治療の専門家に頼ってみるのもひとつの手段です。

リフトアップというと、顔を切開する…というイメージが強いかもしれませんが、今は切らなくても、それに匹敵する効果を得られる治療法がたくさんあります。まずは、自分にどんな治療法が適しているのか、カウンセリングで相談してみると良いでしょう。

ウルセラ受けるならここ!ウルセラ治療クリニックランキングin東京

サイトマップ